精力増強に科学的根拠がきちんと存在するバナナ

バナナを食べると精力増強が図れる、というお話をどこかで耳にした事がある方々は多いかもしれません。
一見科学的根拠が乏しい怪しいアドバイスに聞こえますが、バナナには豊富な栄養素が多く含まれており、一概に都市伝説的な噂と片付ける事は出来ないでしょう。

海外の研究データではありますが、普段からバナナを日常的に摂取していた男性の方が精力増強を効率的に図れた、という科学的根拠が存在します。
その科学的根拠の基本となっているのが、マグネシウムと男性機能との関係です。

バナナには一般食材よりも多くのマグネシウムが含有されています。
マグネシウムはやや地味な栄養素ですが、男性機能の維持と改善に必要な成分です。
慢性的にマグネシウムの摂取量が減っている男性は精力増強どころか反対に精力減衰を体感します。

マグネシウムには男性の精液の質を高める補助効果があります。
更には男性の心身の成長を助ける栄養的効果も認められています。
加えて男性の肉体の緊張をほぐす作用もあり、性交時の早漏予防にもマグネシウムは役立つという科学的根拠が存在します。

バナナにはマグネシウム以外に精液の元となる亜鉛も大量に含まれていますので、毎日コツコツと摂取する事で、睾丸に精液がどんどん貯金出来ます。
自然と精液の量が赤字になりやすい子作りの時期、バナナは精力増強の食材として重宝します。

バナナは言わば天然の精力剤であり、マグネシウムと亜鉛を大量に含みながら、食べやすく、比較的ローカロリーですので一般家庭の食卓にも加えやすいでしょう。
マグネシウムは普段の生活では摂取し辛い栄養素であり、いわゆる欧米食に含まれている割合は極めて少ないです。
洋食派の家庭では、慢性的なマグネシウム不足になりやすいため、
子作りを期待される夫婦は、精力増強にバナナを取り入れてみましょう。